未知なる世界~子育てって知らないことばかり~

母レベル4。日々振り回される記録。そんなの常識って言わないで。

読み聞かせは、コミュニケーション

言葉を覚えて、感性を育み、生活習慣を覚えられる…絵本ってすごい!!

でも一番大切なのは、絵本を通したコミニケションでした。

 

 

こんにちは。

まろです。

 

 

昨日に引き続き、絵本のお話です。

今日は、読み聞かせ!

 

入眠儀式として読んだり、子供からせがまれて読むことが多いですよね。

手が離せない、眠い、のどの調子が悪い、など読みたくない時だってあります…。

最近は、読み聞かせアプリやYouTubeでも読み聞かせ動画が増えているので、どうしても無理~な時は活用しちゃいます。(著作権的にどうなんだろう、と思うので公式だけ視聴してます…)

 

いつくか子供と試してみて、親や先生が読むのと録音は、子供への影響が違うなって感じました。

プロの声優さん、ナレーターさん、アナウンサーさんと「音(発音・活舌・語感)がキレイ」で「その方の世界観を表現」されているのは素晴らしいです。

 

ただ、それはアニメとか、教育番組見ているのと同じなのかもしれません。

 

一方通行なので、子供がなにを言っても反応はなく、そのまま進みます。そうすると子供もあまり反応しなくなったり、「もういい」とやめたこともあります。

派手に画面が動くわけでもなく、あくまでも絵本に音がついているので、仕方ないのかもしれません。(音だけで楽しむにはアリ!)

 

読み聞かせってコミュニケーションなんだなぁ。

いくら下手な語りでも、反応があるだけで違いますよね。

読み聞かせツールと、親が読むものは、違う「読み聞かせ」って気づかされました。

キレイな言葉、読み方を知ってほしい、絵本の内容をしりたいなら、読み聞かせツール。

子供の感性や想像力に影響を及ぼしたいなら、親が読む。

 

4歳くらいまで、読み聞かせ時の脱線なんかよくあるし、勝手にページはめくるし戻るしで全然読んだ気がしません。(;'∀')

子供からしたら、お話の内容より絵が気になる、その言葉の意味が気になる、ここお気に入りページだからずっと見ていたい、と様々な事情がありそうですが、親はモヤモヤ。(笑)

でも、そのやり取りのおかげでか、1人でお話を作ったり、絵本にでるキャラクターをかいてみたり、話が面白いから静かに聞くようになったり、と様々な成長を見せてくれます。

 それが読み聞かせの効果なのかもしれません。

 

 

絵本のいいところは、ただ読むだけでもいいし、その絵本で感じたことを親子で話すきっかけになったりと、様々な使い方があるところですね。

知らない言葉、もの、世界、それを親に教わったり、時には親と一緒に考えたり、ただ読むだけではなく、コミュニケーションとして使える。

 

f:id:maroroku:20210716113304j:plain

 

最初から最後まで、きちんと読まなくていい。

1日3冊以上読む、なんて意気込まなくてもいい。(頑張りましたが、1冊しか読めないことも多く、気にしなくなりました。)

眠かったら、ねむい声で読むのもいい。

 

すべてライブですから。(笑)

 

と、自分に言い聞かせて、今晩も絵本タイムが始まります。

子供も親も楽に楽しんで過ごそうと思います。

絵本えらびって大変

絵本ってどう選びますか?

借りるのではなく、買う時の話です。

表紙やタイトルから面白そうだから買います?

先生やお友達、専門家のおススメで選びますか?

 

 

こんにちは。

まろです。

 

 

 

絵本購入の決め手って、親か子供が【その本の内容を知っている】からです。

本屋さんにいって、初めて見た本を「買おう!」って思うのは少数派ではないでしょうか。

 

最近、この本を読みました。

 

 

(今更感がすごいのですが、流行っていると距離を置くひねくれ者なのでようやく読みました。)

 

 

この本で一番印象深かったのは「絵本を無料公開すること」でした。

当時も賛否両論の話題になってましたよね。

 

結果として、売り上げは絵本業界で爆発的なヒットとなり、この手法は成功でした。

(もちろん他のプロモーションとの相乗効果もありますが)

 

絵本購入の基準について西野さんが言及しています。

親が絵本を購入する理由は、自分が幼いころに読んで内容が面白かったから。

 

他にも図書館や保育園・幼稚園で子供が読み気に入ったから、購入するケースも多いですが、いずれにせよ「内容をしっているから購入」しています。

 

その指摘をされて、あぁ!そうだって思いませんか?

 

小説、特に推理小説はネタバレされたら購入したくないですが、絵本にかぎっていえば「この絵本はこんな話だから、子供は喜んでくれそう」って、結末まで知っていて購入します。

 

買っても読まないって、ショックですよね。絵本は高いですし。

 

はらぺこあおむし」「のんたん」「ぐりとぐら」など今なおランキング上位にいるのは、ロングセラー商品。みんな子供のころに読みました。(笑)

無意識に感じていた絵本選びの困難さを、指摘してもらえてすごく納得いきました。

 

つまり絵本を選ぶってことは、「最後まで読むこと」なんですね。(笑)

通常の本に比べて、さらっと目を通せますし、図書館にいけば様々なジャンルの絵本が借り放題です。さらに今は絵本のサブスク、YouTubeなどもあります。

以前に比べて購入前に内容を知ることができるので、購入して子供に合わなかった…ってことを防げます。

気に入ったら購入、他シリーズも購入…と。(笑)

 

我が家は図書館が近いので、週一ペースで借りてます。

親と子とそれぞれが選び、絵本タイムに読みますが、ここ最近は私が選ぶ本は「面白くない」っていわれます。( ;∀;)成長したね。

図書館は古い本が多く、最新のは蔵書購入まち・順番待ちが多いです。自治体によってかかえる蔵書数が異なるので仕方ないですね。

なので気に入った本は、どんどん購入してます。

 

最近のお気に入りたちは、こちら

 

どちらも乗り物好きにはたまらないです。

イラストも綺麗で、細部まで描写が丁寧なのでイラストとして見てても楽しいですよ。

 

個人的な意見ですが、たくさんの本を読むのと、お気に入りの本を何度も読むのを平行してほしいです。

色々なジャンルで興味を広げつつ、暗記するまで本をよむ。

たくさん脳を刺激してほしいですね。

 

絵本えらび、たいへんな作業です。

園からのおススメ本でも、合わないことが多く、失敗もあります。

だからこそ子供の「今」の興味に合ったものを選ぶために、たくさん目を通します。

数打てば当たる、でゆるくいきましょう。

(まぁ結局は子供が自分で選ぶのが一番良いのですが)

幼児英語はどこまでやるべきか

自分が英語にコンプレックスがあるので、子供には話せるようになって欲しい。

そんなエゴ。

 

 

こんにちは。まろです。

 

いきなり自分の心の闇をさらけ出す内容ですみません。

中学~高校までの6年、大学での教養で1年。さらには大学時に英会話スクール1年。

と、なんだかんだ英語を勉強してまいりました。

とくに英会話スクールでは自己紹介もできないレベルだったのが、簡単なコミュニケーションをとれるレベルになったので、まぁまぁ学べてました。

ま、10年以上使わなかったのでもう話せませんけど!

 

で、タイトルにある通りです。

子供にはつらい思いさせたくないという親心で、英語教育には関心があります。

某Disneyの教材も「100万で英語話せるなら安いじゃーん(!?)」と産後ハイで購入しかけて、旦那にとめられました。(産後ハイこわい)

 

英語教室などネイティブの先生に教わるのが良いと思いますが、持病のため休みがちになると思い、じゃあ教材は?とDisneyとベネッセで、まず比較検討しました。

ベネッセに関しては、ワールドワイドキッズの体験にも行きましたよ。もう可愛い教材ばかりで、親子ともに目が輝きましたね。(Mimiちゃん可愛かった)

資料請求でもらった絵本も今も読んでいます。本当に可愛い。

 

他には…七田式とか、オンライン教室とか様々検討しました。

 

 

 ↑本屋さんにある教材も購入しました。

アルファベットの補助教材としてはアリですが、これだけで英語に親しもうとするのは厳しいですね。

 

考えれば考えるほどに、わからなくなり、そもそも自分が子供ならどんな学習法がいいの?って思う始末。

英語は言語なので、とにかく話すことに重きを置くべきと周囲のアドバイスをもらい、アウトプットできる環境を中心に探したり。

それが困難な場合(オンラインでもシャイな息子は拒否)、とにかく英語を身近に感じてもらおう、と英語でアニメを見せてました。

見てくれますが、それで単語を覚えるってことは無かったです。

しまいには「日本語に戻して」とクレームが・・・。

 

そこでしまじろうEnglishをスタートさせました。

正直、いままで比較検討した中で、「微妙」と思っていました。(すみません)

他の教材に比べて単語やセンテンスが少なく、DVD内にも日本語がかなりでて「本当に学べるの?」と半信半疑でした。

教材は魅力的ですが、それなら通常の「こどもチャレンジ」でも良いですし。

 

で、何かメリットは?

 

圧倒的に安くて、いつでも止められるところです。( ´艸`)

 

他の教材はまとめていくら、ここまででいくらと初期投資が高く、子の成長とともに興味が薄れ、合わなかったときが痛いです。

そしてこんなに高かったんだから!と親が「使わせよう」とします。

それがダメではないのですが、強制させられれば嫌ですよね…。うまく子供と楽しんで活用しないと無用の長物になります。

それこそ親のエゴになるな、と。

 

高額教材はインスタやYouTubeみて親子で楽しんでいる方が多いので、全否定はしませんし、英語ペラペラなお子さんを見ると尊敬します。

が、私のようになんとなーく英語は学ばせなきゃと思っている人は、とりあえずのお試しで「失敗してもいい金額」からスタートするのがいいのかな、と。

継続できなければ意味無いですしね。(;'∀')

 

とにかく英語に慣らすことが目的なので、より本格的に学びたければオンライン教室などスタートさせようと思います。

 

それから一番大事だと思ったことは、教材の中身うんぬんより「親の学習姿勢」でした。親子で学ぶ、これが一番効率が良かったです。(笑)

スペシャルな存在

スペシャル」

生まれた時から一緒にいる特別な存在だね!

 って言ったら、すごーく嫌そうな顔されました。

 

 

こんにちは。

まろです。

 

今年の4月から「こどもチャレンジEnglish」を受講中の息子。

パパの熱心な勧めでとにかく英語の環境に慣れさせようと始めるも、いまいち息子は乗り気じゃありません。

しまいには「今日はしまじろうDVD見ないの」って聞けば「なに言っているかわからないからイヤ」と、サンドウィッチマンのような返しをしてきます。

何言っているかわからないって、そりゃ英語だからな。

そんな大人みたいな言い訳しないでよ。

と、しまじろうが泣いております。

 

まぁなんとか、アルファベットや1~10までは言えるようになり、簡単なフレーズもDVD見ながらだと小声でマネしてます。

一部怪しいですが、発音を直せるほど英語力のない両親。( ;∀;)

 

英語はアウトプットが大事!と英語の話せる友人たちに聞いたので、とにかく声にだすよう心がけてます。

 

 

最近おぼえた単語は、色や果物、動物など。

ちょうど我が家にDOGがいるので、「あの子は英語でなに?」と聞きます。

 

 

「SPECIAL」

 

f:id:maroroku:20210421104818j:plain

(遊び相手にされ続けて、遠い目をしているSPECIAL)

 

 

WO~W!

感動して思わず拍手しながら「そう!そうなのSPECIALなのよ!!!凄い!!」って褒め称えたものだから、二度と言ってくれなくなりました。(チーン)

「あの子はSPECIALだよね?」って聞いても「え?DOGでしょ(ママ何言っているの?)」って返します。

寂しいなあ。本当は特別なくせに!(うざい母)

 

そんなこんなで母と息子の英語習得への道は、亀の歩みです。

SPECIALも陰ながら応援してくれている・・・はず。(Bow-Wow)

 

抗生物質と腸内細菌

抗生物質は、体力のない子供にとって救世主だと思っていた。

だけど特定の菌だけでなく、体にとって必要な菌も攻撃していた…。

 

 

こんにちは。

まろです。

 

タイトルにある通り本日は抗生物質と腸内細菌」のお話です。

 

抗生物質は溶連菌とか中耳炎などで処方されているかと思います。

細菌感染がわかったら、1日~1週間ほど服用。さらには一定時間経過し、体調が回復したら通院しなくても幼稚園などにそのまま通える(溶連菌などは既定の書類提出があります)

親の負担を軽減してくれる、ヒーロー的な存在です。

子供が小さいと、感染しやすいうえに発熱が長引き苦しむことがあるので、お守りみたいな薬でしたね。

…もうね、ただ看病していればいいって訳じゃないのよ。

子供が体調崩すと、園への連絡、仕事や家事、通院スケジュールをどんどん考えるんです。それこそ兄弟がいらっしゃる場合は二次感染も配慮。

 

だれかーーーー助けてぇ!

 

こんな経験、ありますよね。( ;∀;)

大人が複数いれば対処できそうですが、そんな時に限って、なぜかパパも倒れる。

 

え?そこ?

 

なぜか子供の風邪をもらうのは、「看病している私」ではなく「仕事していたパパ」でした。(ちーん)

 

話を戻しまして・・・。

 

こう何度も抗生物質のませてたある日、テレビで腸内環境についてみたんですよ。

ヨーグルトがいい、ストレスや睡眠不足はダメなんて説明とともに、抗生物質をのむことで死滅した腸内細菌は、最低でも約半年間は元にもどらない」って。

え、常識ですか?

実は知らなかったんです。

もちろん薬で胃が荒れるのは知っていましたが、飲み終わって半年も腸内がボロボロだとは!便通に支障がなかったので気にもしませんでした。

 

ショックです・・・。

 

そりゃ命(重症化や脳症リスク)と天秤にかけて腸内環境をとることはないですが、それでも後悔しましたよ。

 

ごめんねーーー息子!

と、謝罪したところで薬断ちはなかなか難しい現状です。

 

ならば!と、食生活で挽回させようと努力しています!(料理下手)

葉野菜や海藻類、無糖のヨーグルト、バナナ、きな粉、豆類、きのこ・・・。

↑いつもお世話になっております。

 

って、これ大人も必要なことでした!

むしろ大人こそバランスのいい食事で腸内細菌を正常に!(CM風)

ここ最近、例の「白血球さんたちが頑張るアニメ」を見ていたので腸内細菌たちに、感情移入しがちです。( ´艸`)

 

 

息子も成長し、以前より薬に頼る頻度は減りました。

このまま年一くらいまで抑え込みたいところです。

大人も子供も、必要最低限の薬とだけお付き合いしたいですね。

 

 

いつも買おうか悩んでいます。

飽き性でも使い続けられるのでしょうか・・・。

褒め上手

褒められたい。褒められたい。

この呪いのような気持ちが、私の根底にある。

 

こんにちは。

まろです。

 

みなさん、褒めるのは得意ですか?

私は、褒められたいくせに褒めるのが苦手です(どーん)

 

小さい時から親や先生など大人に褒められるのが嬉しくて、行動の動機が「これをやったら、褒めてくれるだろう」と拗らせながら大人になりました。

まー、子供も大人も叱られるより褒められる方が気持ちいいですよね。

わかっている、わかっていますよ・・・。

わかっているのに、褒め慣れていないためか、褒めると嘘くさく聞こえて、言葉が上滑りします。。。

 

そこで、「褒める本」を読みました。

 

 

子どもが主体となり遊ぶことや、褒め方の基本姿勢を具体的に書いてあって面白いです。いまでも命令のルールやdoスキルは活用してます。

余談ですが、アニメや漫画の親子を例にだして、「育てにくい子」「子供を育てにくいと感じる親」をアンケートによって数値化しているのも面白いです。自分自身が親子関係をどう感じているのか客観視できます。

 

さて、この本によると的確に褒めれば「心は後からでもいい」そうです。

 

そう、心です。

私はつねに心がともなっていない(致命的)

 

もうさ、相手をうまーーーくコントロールするためのツールでしか考えていない!それも必要かもしれないけど、いつも嘘くさくて、言ってて罪悪感があります。

「笑顔でいると自然と楽しくなる」みたいに、感情が変化すればいいのですが、つねに「笑いながら怒る」状態です。

パニック!

 なかなかうまく活用できませんね。

 

そんな私にいつも褒める大切さを教えてくれる、息子。

すごくナチュラルで、かつ心をゆさぶる褒め方をしてくれます。(ちょろい母)

 

 

何がナチュラルかって、何しても褒めてくれます。

朝起きてストレッチしてたら「体がしっかりできてるね(伸ばせるね)」、包丁で野菜切ってたら「上手だねぇ」(パパからは毎回丁寧に切ってと言われる雑さなのに)、絵本読んでいたら「本当に、読むのがうまいね!!」

ほめ殺し

もちろん褒めテクニックとか理論とか知るはずもないので、毎度「好き」「感謝」という気持ちがあるのでしょうね。素直に感情を表現できる子どもたちは素晴らしい!

 

こうして毎日、子供に「褒め」を教えられ、同時に承認欲求も満たされている母でした。

早生まれは損なのか

こんにちは。

まろです。

 

息子は、3月末生まれです。

出産前から、よく「4月に生まれるといいね」なんて言われておりました。

その時は、まぁ同じ学年で成長に差がつくしね~とサラッとしか考えてなかったのです。

 

 

いざ生まれて、保育園や幼稚園に通うようになると、「あぁ、このことか」と思うことが増えました。

身長や体重は、クラス平均だったので何も感じませんが(よく食べ、よく寝る子)、運動面やお喋りに関しては、すごく差を感じます。

お友達と喧嘩して、経緯をうまく説明できない。そもそも喧嘩の発端もうまく気持ちを伝えられずに手がでてしまった、なんてことばかりです。

幸いにも先生方はフラットに様子を見ているので、うまく間に入ったり、喧嘩両成敗と息子の気持ちを汲んでもらってます。

もちろんお友達も、まだまだ成長段階なので、こればっかりは「お互い様」ですね。

 

それから身体面の発達がまだまだなので、かけっこや鉄棒など競争や成績がつくものは上手く出来ないから「やりたくない」と言う時もあります。

まだまだ4歳ですが、負ける悔しさが劣等感になっているようで親として、どう関るか模索中です。

 

「練習しないと下手なままだよ」←そんな言葉は本人もわかっています。

そもそも自分が子供の時に言われて嫌な言葉ベスト3にランクインしてますよ。

(他には「泣いたって意味ない」とか「早くやらないから」とか…)

 

なので、何もいわずに練習することにしました。

ただここで言う「練習」は、子ではなく「親」がメインです。

具体的には、かけっこなら親がひたすら走ります。(30オーバーには辛いぜ)

「どうしたら早く走れるか」「昨日より早くなったか」など、どんどん子供に相談して、どんな案でも採用します。

エンジンつけろとか、飛行機になればいいとか教えてくれるので、ひたすら一緒に試す「遊び」です。

これは結構食いついてきますね。

親を置いて、どんどん走っていきますから。(ひー)

 

なんでも楽しいと上達しますよね。

フォームとか、タイムとか、それは後回しで、楽しいことだと思ってもらえれば、劣等感が少しずつ小さくなるかな、と。

それに大人でも子供でも成功体験は自身に繋がりますし、より高い目標へ挑戦させてくれますよね。

これのおかげでか、競争は苦手だけど、以前より走るのが好きになったみたいです。

 

 

早生まれは、確かに不利です。

4~5月生まれのスポーツ選手や東大生が多いのは幼少期に自分は周りより「出来る」体験が多いから、といったデータがあります。

それほど幼少期の1か月は大きな差です。

でも逆に「苦手」を早めに意識でき、克服するチャンスがあるのでは?

「練習すれば自分は出来る」「自分はこれが得意」と小さな自信を積み重ねてほしいです。

 

と、ここまで言ってこれって大人も大切なことだな、としみじみ思います。

本当、子育てって、親の人間性が浮き彫りになりますね。(笑)

 

 

 

あ!それから!!!早生まれが損なのは、0~1歳児で保育園に入れる際のタイミングや児童手当の金額に差が出ることですよ!!!!

そこだけは平等にしてほしいですね・・・。特に児童手当・・・。